1. ホーム
  2. 小鳥

小鳥

【手のり・ヒナ】セキセイインコ(パステルレインボー)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年5月18日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】7~10年

【標準体重(成体)】30~40g

【標準体長(成体)】18cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

全体のパステル状の羽色と明るい色合いが際立つ美しい子です。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になっていきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】オカメインコ(ノーマル)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年5月18日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】15~20年

【標準体重(成体)】80~100g

【標準体長(成体)】30~35cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

当店に来た時の体重が51gしかない小さな子でしたが、毎回のさし餌をすごくたくさん食べてくれて、3日後には68gに到達するという、小鳥のヒナのすごい成長力に感心させられるすごい子です

 

飼育ケースに近づくと「キョルキョル」「ジャージャー」とごはんアピールをしてくる懐っこい子です。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になってきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

オカメインコのヒナは特に弱いと言われますので、万全な飼育環境でお迎えいただきたいと思います。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】コザクラインコ(クリームルチノー)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年5月10日

性別:不明

出身地等:静岡

その他:要保温(25℃以上)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】10~15年

【標準体重(成体)】40~60g

【標準体長(成体)】15~18cm

 

通常のルチノーより全体が淡くクリーム色になり、頭部も額の部分のみほんのり赤くなるというパステル状の羽色が美しい、人気の色変わりのクリームルチノーの子です。また、ルチノーなので赤目になります。

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛でさし餌の際は「キュッキュ、キュッキュ」とアピールしてきて、手を差し出すと手のひらにポンと乗ってくるような懐っこい子です。

 

体格は良く、コザクラインコらしいずんぐりした体形がとてもかわいいです。

 

ちなみに、コザクラインコは「ラブバード」と呼ばれているように、自分のパートナーや仲間を大事にする性格の鳥で、手のりとして育つと飼い主様やご家族をパートナーや仲間として認識してくると思いますので、あまりかまってあげなかったり、退屈や孤独を感じる時間が多かったりすると、ストレスにより毛引きや自傷等の行動を繰り返す自咬症になってしまう可能性が高まります。

インコさん全般に言えることですが、コザクラインコは特にそうした性質を強く持っているということを認識してお迎えすることが大事です。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になってきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】コザクラインコ(パイド(タイガーチェリー))【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年5月10日

性別:不明

出身地等:静岡

その他:要保温(25℃以上)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】10~15年

【標準体重(成体)】40~60g

【標準体長(成体)】15~18cm

 

いろんな色がちりばめられた羽色が美しい、人気の色変わりのパイド(タイガーチェリー)の子です。

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛でさし餌の際は「キュッキュ、キュッキュ」とアピールしてきて、手を差し出すと手のひらにポンと乗ってくるような懐っこい子です。

 

体格は良く、コザクラインコらしいずんぐりした体形がとてもかわいいです。

 

ちなみに、コザクラインコは「ラブバード」と呼ばれているように、自分のパートナーや仲間を大事にする性格の鳥で、手のりとして育つと飼い主様やご家族をパートナーや仲間として認識してくると思いますので、あまりかまってあげなかったり、退屈や孤独を感じる時間が多かったりすると、ストレスにより毛引きや自傷等の行動を繰り返す自咬症になってしまう可能性が高まります。

インコさん全般に言えることですが、コザクラインコは特にそうした性質を強く持っているということを認識してお迎えすることが大事です。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になってきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】セキセイインコ(オパーリンブルー)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年4月27日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】7~10年

【標準体重(成体)】30~40g

【標準体長(成体)】18cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になっていきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】オカメインコ(ルチノー)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年4月23日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】15~20年

【標準体重(成体)】80~100g

【標準体長(成体)】30~35cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

と言いますか、この子は当店に来た時は体重が50gしかないとても小さな子だったのですが、毎回のさし餌をすごくたくさん食べてくれて、1週間後には80gに到達し、今なお成長しているという、小鳥のヒナのすごい成長力を見せつけてきたすごい子です

 

飼育ケースに近づくと「キョルキョル」「ジャージャー」とごはんアピールをしてくる懐っこい子です。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になってきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

オカメインコのヒナは特に弱いと言われますので、万全な飼育環境でお迎えいただきたいと思います。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】オカメインコ(ホワイトフェイスパール)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年4月16日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】15~20年

【標準体重(成体)】80~100g

【標準体長(成体)】30~35cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

飼育ケースに近づくと「キョルキョル」「ジャージャー」とごはんアピールをしてくる懐っこい子です。

 

それから、この子は何というか触り心地がとてもなめらかなんです。羽のキメが細かいのでしょうか、触り心地がふわふわ・すべすべ・もちもちなんです。もち肌ならぬ”もち羽”と言いますか、ずっとナデナデしていたくなってしまいます(ちょっと嫌がられます…)。

 

この子の羽色にあるパール模様(細かい白い斑点模様)は、もし性別がオスの場合は、成長とともに斑点模様はすべて消えるか又は名残が少し残るくらいに変化していきます。メスの場合は、成鳥になっても斑点模様が残ります。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になってきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

オカメインコのヒナは特に弱いと言われますので、万全な飼育環境でお迎えいただきたいと思います。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】セキセイインコ(スパングルブルー)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年4月27日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】7~10年

【標準体重(成体)】30~40g

【標準体長(成体)】18cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

暦の上では初夏という季節ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒く、またこれから梅雨入りし雨が続くと気温も下がる不安定な季節になっていきますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】オカメインコ(シナモンパールパイド)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年3月26日

性別:不明

出身地等:静岡

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日2回)・ひとり餌練習中

 

生体基本情報:

【平均寿命】15~20年

【標準体重(成体)】80~100g

【標準体長(成体)】30~35cm

 

ごはんはさし餌としてキラピピベビーを朝夕2回与えていますが、ひとり餌の練習としてペレット(キラピピ インコ小粒)も与えており、自分でけっこう食べられていますので、さし餌の量は少ないです。

 

食欲旺盛でとにかく元気で、飼育ケースに近づくと「キョルキョル」「ジャージャー」とごはんアピールと外に出たいアピールをしてくる懐っこい子です。頭ナデナデ・耳カキカキもさせてくれて、じゃれてきます。

 

この子の羽色にあるパール模様(細かい白い斑点模様)は、もし性別がオスの場合は、成長とともに斑点模様はすべて消えるか又は名残が少し残るくらいに変化し、シナモンパイドと同じ羽色になると思います。メスの場合は、成鳥になっても斑点模様が残ります。

 

新緑の季節となりだんだん気温も上がってきましたが、朝晩や雨天の際はヒナ・幼鳥にとってまだまだ寒い環境になりますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

オカメインコのヒナは特に弱いと言われますので、万全な飼育環境でお迎えいただきたいと思います。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】オカメインコ(ホワイトフェイスパールパイド)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年3月26日

性別:不明

出身地等:静岡

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日2回)・ひとり餌練習中

 

生体基本情報:

【平均寿命】15~20年

【標準体重(成体)】80~100g

【標準体長(成体)】30~35cm

 

ごはんはさし餌としてキラピピベビーを朝夕2回与えていますが、ひとり餌の練習としてペレット(キラピピ インコ小粒)も与えており、自分でけっこう食べられていますので、さし餌の量は少ないです。

 

食欲旺盛でとにかく元気で、飼育ケースに近づくと「キョルキョル」「ジャージャー」とごはんアピールと外に出たいアピールをしてくる懐っこい子です。頭ナデナデ・耳カキカキもさせてくれます。

 

この子の羽色にあるパール模様(細かい白い斑点模様)は、もし性別がオスの場合は、成長とともに斑点模様はすべて消えるか又は名残が少し残るくらいに変化し、ホワイトフェイスパイドと同じ羽色になると思います。メスの場合は、成鳥になっても斑点模様が残ります。

 

新緑の季節となりだんだん気温も上がってきましたが、朝晩や雨天の際はヒナ・幼鳥にとってまだまだ寒い環境になりますので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

オカメインコのヒナは特に弱いと言われますので、万全な飼育環境でお迎えいただきたいと思います。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】白文鳥(シロブンチョウ)【2羽 新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年3月17日

性別:不明

出身地等:三島

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】8~10年

【標準体重(成体)】20~25g

【標準体長(成体)】14~16cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛でさし餌の際は元気にごはんアピールしてくる活発な子です。

ヒナの成長は早く、毎日どんどん見た目の変化や、活発さを増していく成長を見ていくのも楽しみの一つです。

 

白文鳥は日本で生み出された文鳥の色変わりの一つで、白文鳥の「白」は、「シロ」や「ハク」と呼ぶこともあります。手のり文鳥ならではの人懐っこさに加え、全身が白く、赤いクチバシと脚が目立つ紅白の姿がとても人気があります。

 

止まり木で休んでいる姿は、まるで鏡もちのようにも、赤いくちばしが映えるイチゴ大福のようにも見えます(※店主の主観)。

 

ヒナの時に背中などに灰色の羽が生えている場合があり、成鳥になれば全身が白くなることが多いですが、時々、灰色の羽が残る場合もあります。

 

白文鳥は遺伝的な致死因子を持っており、白文鳥同士のペアでは卵からヒナが孵りにくくなるため避けた方がよいと言われます。

 

少なくとも江戸時代から日本人に愛され続けてきた文鳥は、日本の気候にも馴染んでいると言われますが、極端な高温や低温、また一日の寒暖差には注意が必要です。また、水浴びが大好きです。

 

季節はすっかり春ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒い季節ですので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】サザナミインコ(コバルト)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年3月17日

性別:不明

出身地等:静岡

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日1回)・ひとり餌練習中

 

生体基本情報:

【平均寿命】10~12年

【標準体重(成体)】40~60g

【標準体長(成体)】15~16cm

 

 

サザナミインコの色変わりコバルトの子です。

 

つぶらな瞳とおっとりとした立ち振る舞いで独特な雰囲気を醸し出すという、サザナミインコのイメージそのものな子です。サザナミインコの特徴的な鳴き声もかわいいです。

 

ヒナや幼鳥の段階では確かにおとなしいイメージですが、成長とともに自己主張するようになると意外と大きな声で鳴くこともあり、また、本来の生活環境が中南米の密林や霧林であるため、飛び回るというより歩き回る・走り回るという行動の方が多いです。そのため、足が器用で物をつかんで食べたり遊んだりすることもできます。

 

サザナミインコは普段から水分摂取量が多い(ペレットを与えると水に浸してから食べたりします。)ので、ウンチは緩くなりがちです。

 

ごはんはさし餌としてキラピピベビーを少量与えていますが、ほぼひとり餌でペレット(キラピピ インコ小粒)を与えており、よく食べています。

 

季節はすっかり春ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒い季節ですので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】オカメインコ(ルチノーパール)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年3月24日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】15~20年

【標準体重(成体)】80~100g

【標準体長(成体)】30~35cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

飼育ケースに近づくと「キョルキョル」「ジャージャー」とごはんアピールをしてくる懐っこい子です。

 

この子の羽色はルチノーパールで羽に黄色い斑点の細かい水玉模様がありますが、もし性別がオスの場合は、成長とともに黄色い斑点模様はすべて消えるか、または名残が少し残るくらいに変化し、ルチノーと同じ羽色になると思います。メスの場合は、成鳥になっても黄色い斑点模様が残ります。

 

季節はすっかり春ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒い季節ですので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

オカメインコのヒナは特に弱いと言われますので、万全な飼育環境でお迎えいただきたいと思います。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】オカメインコ(シナモンパイド)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年3月24日

性別:不明

出身地等:浜松

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日3回)

 

生体基本情報:

【平均寿命】15~20年

【標準体重(成体)】80~100g

【標準体長(成体)】30~35cm

 

ごはんは、パウダーフード(キラピピベビー)を1日3回与えています。

 

食欲旺盛で体重も順調に増えていて、元気で素直な子です。

 

飼育ケースに近づくと「キョルキョル」「ジャージャー」とごはんアピールをしてくる懐っこい子です。

 

季節はすっかり春ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒い季節ですので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

オカメインコのヒナは特に弱いと言われますので、万全な飼育環境でお迎えいただきたいと思います。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


【手のり・ヒナ】コザクラインコインコ(ブルーチェリー)【新しいお家にお迎えいただきました!】



生年月日(推定):2024年3月17日

性別:不明

出身地等:静岡

その他:要保温(25~30℃)・要さし餌(1日2回)・ひとり餌練習中

 

生体基本情報:

【平均寿命】10~15年

【標準体重(成体)】40~60g

【標準体長(成体)】15~18cm

 

コザクラインコの色変わりシーグリーンの子です。

コザクラインコらしい腰部の藍色の羽根とエメラルドグリーンの羽根のグラデーションがとても美しいです。

コザクラインコのヒナらしくちょっと恥ずかしがり屋な部分はあるものの、飼育ケースの掃除の際等に手や指をハミハミしてくるような好奇心と懐っこさがあります。

 

ちなみに、コザクラインコは「ラブバード」と呼ばれているように、自分のパートナーや仲間を大事にする性格の鳥で、手のりとして育つと飼い主様やご家族をパートナーや仲間として認識してくると思いますので、あまりかまってあげなかったり、退屈や孤独を感じる時間が多かったりすると、ストレスにより毛引きや自傷等の行動を繰り返す自咬症になってしまう可能性が高まります。

インコさん全般に言えることですが、コザクラインコは特にそうした性質を強く持っているということを認識してお迎えすることが大事です。

 

ごはんはさし餌としてキラピピベビーを与えていますが、ひとり餌の練習としてペレット(キラピピ インコ小粒)を与えており、自分でも食べています。

 

食欲旺盛で元気にさし餌を食べてきましたが、最近はひとり餌の量が増え、さし餌の量は減っており、体重は安定していますので、そろそろさし餌卒業かもしれません。

 

体格は良く、コザクラインコらしいずんぐりした体形がとてもかわいいです。

 

季節はすっかり春ですが、ヒナ・幼鳥にとって朝晩はまだまだ寒い季節ですので、しっかり保温できるようペットヒーター等の保温用品が必須です。

 

※鳥類は「気のう」という器官をもっており、呼吸によって体温調節を行うため、空間(空気)を温めるペットヒーターは最適な保温用品としてオススメです!


PAGE TOP